脇 黒ずみ 妊娠中

脇の黒ずみは妊娠中にできやすい?

脇の黒ずみって妊娠中にできやすいって聞いたけど本当なの?

 

 

妊娠中の脇の黒ずみの原因や対処法を見てみましょう。

 

 

妊娠中はなぜ脇の黒ずみができやすい?

妊娠中は普段の体調とは異なり、色々と体に変化があります。実は脇の黒ずみができやすくなることもそうなんですね。

 

 

妊娠中に脇の黒ずみができやすくなるのは、妊娠によるホルモンバランスの乱れが原因になっています。

 

 

 

 

妊娠によりホルモンバランスが変化することで、黒ずみの原因になるメラニン色素が増えやすくなるため、その結果、色素沈着が増えて黒ずみができやすくなります。

 

 

ちなみに、妊娠中は脇以外にも、バストトップ(乳首)やデリケートゾーンなどが黒ずみやすくなります。

 

 

妊娠中の黒ずみを解消するには?

では、できやすい妊娠中の脇、脇以外の黒ずみを解消するにはどうしたらいいの?

 

 

ホルモンバランスの乱れが原因の妊娠中の脇の黒ずみは、産後にホルモンバランスの乱れが治るとそのまま黒ずみも解消することが多くなっています。

 

 

ある程度は時間が経てば、自然と治ることも多いのですね。もちろん、妊娠のホルモンバランスの乱れが原因であることが前提です。

 

 

ですが、妊娠中の脇の黒ずみ、基本的には解消するまでに半年以上はかかる可能性が高いです。少しずつ薄くなっていくので、いくら自然に治ると言っても、そのままでは時間がかかり意外とやっかいなんですね。

 

 

 

 

脇にしろバストトップにしろデリケートゾーンでも、黒ずんだままでは人には見せたくありません。女性としては、できるだけ早く黒ずみを解消したいところ。そこで、少しでも早く黒ずみを解消するには?

 

 

早く解消したい!

少しでも早く妊娠中の脇の黒ずみを解消するには、黒ずみケアの商品を使うのが1番手っ取り早いですね。

 

 

その際は、きちんと美白成分と保湿成分が配合された黒ずみケア専用の商品を選ぶようにしましょう。

 

 

しっかり脇の黒ずみのケアをして、産後でも女性の魅力を保ちたいものですね。

 

 

まとめ

  • 妊娠中の脇の黒ずみは、産後時間が経つと自然と解消しやすい。
  • ただし、半年以上と時間がかかりがちなので、早く解消したい場合は、黒ずみケア商品に頼るのもあり。

 

 

脇の黒ずみはニベアで消える?【重要 塗る前に】 戻る